Iライン脱毛はメリットがたくさんあるのでおすすめ

デリケートゾーンの脱毛をしようと思ったら、VIOのどのくらいまでを 脱毛するか決めなければなりません。 とても敏感な部分ですし、施術にあたって不安も感じることでしょう。 でも現在多くの人がIライン脱毛をしているのは、それだけメリットが 大きいからでしょう。

そこでIライン脱毛をした場合のメリットを考えてみました。 まず見た目の問題から考えてみます。Iライン脱毛をすることで 下着からアンダーヘアがはみ出すのを防ぐことができます。

最近の下着はかわいいものやセクシーなものがいろいろありますが、 アンダーヘアが剛毛ではそれらを十分に楽しむことができません。 Iライン処理をしておけばどんな下着でも迷わず身につけられるでしょう。

もちろん水着を着用する時も同様です。ムダ毛を気にして丈の長い水着を 選んでいるようでは無難な水着ばかり選ぶことになってしまいますよね。 露出部分の多い水着はスタイルを良く見せてくれますし、堂々と着用していれば 憧れのまなざしで見られることもあるでしょう。

また仲間と温泉に行った時にIラインがすっきりと脱毛してあると、 さすがオシャレに気を遣っている人だと一目置かれることもあると思います。 最近の女性はVIOラインを脱毛する人が増えていますから、処理が不十分だと 気後れしてしまうでしょう。

彼氏と過ごす時もIラインを脱毛してあれば安心です。自然のままの剛毛を 見られるのは恥ずかしいですし、お手入れを怠っている女性だとみなされて しまうことも考えられます。 もちろん自然のままがいいという男性もいると思うので、ケースバイケースでは ありますが。

またきちんと脱毛しておけば、アンダーヘアに排泄物が付着してしまったり、 不衛生な状態になることも避けられます。 蒸れたり不快な臭いがすることもなくなるので、自分に自信が持てるでしょう。

Iラインの脱毛をしていなかったり、必要に応じてシェーバーなどで自己処理 している場合、剛毛の悩みやムダ毛処理の面倒から逃れることはできません。 もしIラインの脱毛の件で長い間悩んでいるなら、思い切って脱毛することを おすすめします。

敏感肌でも、肌に負担をかけずに自己処理できる?

夏など肌を露出する季節は、何度も自己処理をしなくてはなりませんよね。その度に肌への負担が気になる方も多いのではないでしょうか。カミソリ等で自己処理をすると、肌が赤くなっていたり、黒ずんでしまう可能性があります。

肌を傷つけるような自己処理では、ムダ毛は処理できても健康的で綺麗な肌を手に入れるのは難しいでしょう。特に敏感肌の人は、自己処理で肌へダメージを与えると、肌へのトラブルにつながってしまう恐れがあります。

今回は、敏感肌の方のために、肌への負担を抑えた自己処理についてご紹介します。

なぜ敏感肌は自己処理のダメージを受けやすい?

肌を傷つけない為には、敏感肌のことを考えた自己処理をする必要があります。

敏感肌の自己処理には、バリア機能を保つことが大切

もともと肌には、ダメージから肌を守るバリアの機能を持っています。このバリア機能が、あらゆる刺激から肌を守ってくれるのです。もちろん、このバリア機能が正常に働けば、自己処理によるダメージも軽減してくれます。

しかし、敏感肌はこのバリア機能の力が弱まっている状態です。当然、この状態で外からの刺激を受けてしまうと肌は傷付きます。バリア機能の低下は、かゆみや痛みが生じる原因になります。

敏感肌へのダメージが少ない自己処理とは?

上では、バリア機能の低下により敏感肌はダメージを受けることを見てきました。このバリア機能を保ち自己処理をすることができれば、肌への負担を減らすことが出来ます。どのような方法があるのか見ていきましょう。

方法1:カミソリではなく、フェイス用の電気シェーバーを使う

手軽にムダ毛処理が出来ることもあり、自己処理でカミソリを使う人はたくさんいると思います。しかし、カミソリは肌を傷つけてしまう可能性が高いので、避けた方が良いでしょう。

例えば、ワキをカミソリで処理した場合、肌が柔らかいので傷付きやすく、黒ずみになってしまいがちです。顔などもデリケートな部分なので、同様にカミソリの使用は控えた方が良いでしょう。

そこで敏感肌の方におすすめなのは、カミソリの代わりにフェイス用の電気シェーバーを使うことです。電気シェーバーは、刃が直接肌に触れないように作られています。これにより、眉毛や口元でもやさしく毛を処理することができるのです。

肌がデリケートな顔でも使えるシェーバーなので、カミソリに較べて安心して使えるでしょう。

方法2:自己処理の前に乳液やシェービングクリームを塗る

自己処理をするときに、何も塗らずにムダ毛を処理していませんか?そのまま自己処理を行ってしまうと、肌はすぐに傷付いてしまいます。自己処理の前に乳液などを塗って肌を保護することが大切です。

肌が弱く心配な方は、化粧水のあとに乳液を塗ることでさらに肌への負担を減らせます。また、シェービングクリームを使うのもおすすめです。

石鹸やボディーソープを使っている方もいるかもしれません。しかしこれらを自己処理前に塗ると、肌の皮脂を落としてバリア機能を低下させてしまいます。肌を守るためにも、乳液やシェービングクリームを使うようにしましょう。

方法3:自己処理の後は保湿をしっかり行い、紫外線を避ける

自己処理のあとの保湿は必ず行うようにしましょう。ムダ毛を処理した後の肌は表面が傷付き、ダメージを受けやすい状態になっています。処理したあとはすぐにボディーローションや乳液などを塗って保湿をしましょう。

また、自己処理後の肌を紫外線から守るように心がけましょう。肌が敏感な状態なので、なるべく外出などは避けるようにしてください。

自己処理による肌への負担をさらに減らすには?

上では、肌への負担が少ない自己処理の方法をご紹介しました。しかし、どんなに負担をかけないように自己処理をしたつもりでも、敏感肌には多少のダメージを与えてしまいます。敏感肌への負担を考えると、脱毛サロンでの施術が適しています。

脱毛サロンでの脱毛は、敏感肌でも施術が受けられるのか心配される方もいるはずです。実際に脱毛サロンで行われる施術はフラッシュ脱毛といわれ、肌への負担が少なくなっています。

また、脱毛サロンではまず肌の状態を確認したうえで、施術を行います。その後に、テスト照射をして問題がなければ施術を開始します。敏感肌のことをスタッフに伝えると、様子を見ながら施術をしてくれるでしょう。

もちろん、脱毛前や脱毛後のケアも丁寧に行ってくれるので、安心して施術を受けることが出来ます。自己処理の方が肌を傷つけてしまう可能性が高いので、脱毛サロンを選ぶ敏感肌の人は多くなってきています。

まとめ

・自己処理をする場合、バリア機能を保ち処理をすることが大切
・敏感肌の人は顔用の電気シェーバーがおすすめ
・自己処理の前後に保湿を行うことが大切
・敏感肌の自己処理は、肌へのダメージ考える必要がある

ページの先頭へ